耐震等級3を超える力

TOP > TERADAの家づくり > 耐震等級3を超える力

耐震等級3 構造と基礎

高耐震の住まいとして、誕生以来、地震による全壊ゼロの実績を誇るスーパーウォールの家。そのさらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを採用。
大きな自信、くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。

家族の命を守る耐震性能。TERADAの家では耐震等級3(消防署、警察署など防災の拠点となる建物と同等)に加え、モノコック構造を取り入れることで、従来の一般的な在来工法と比べて高い耐久性を持ちます。

基礎の配筋も耐震等級3に対応した構造計算された配筋で施工。通常よりも強固な基礎を造ります。

スーパーウォール工法モノコック構造
  • 基礎の配筋も耐震等級3に対応
  • スーパーウォールの家

制震テープによるさらなる安心

  • 制震住宅

    制震でない住宅は、大きい地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、余震にも強い住宅が実現できます。

  • 制震住宅の揺れ幅

    地震による建物の揺れ幅を実験で比べると、制震住宅の揺れ幅は、制震ではない住宅のおよそ1/2。また制震ではない住宅が40mm変位して筋交いが折れるのに対し、制震住宅は20mmの変位に留まり、被害も壁紙が破れる程度という結果となりました。
    ※プランや地震の揺れによって、変形量が低減する程度は異なります。

耐震等級3 地震保険半額

最近の地震は一度ではなく、何度も繰り返し発生する恐れがあります。

TERADAの家の耐震等級は最高レベルの3に制震性能を加えた繰り返しの地震に強い住宅です。

耐震等級3 地震保険半額

お問い合わせはこちら!

  • 電話:0120-080-787
  • メールでのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-080-787資料請求・お問い合わせZoomでオンライン相談
pagetop